効率的な資金集めを応援するサイト

効率的に起業資金を集める方法

返済不要なものまで!様々な資金調達方法

起業資金を集める方法として、まず銀行からの融資が考えられます。 しかし、これから起業する、まだ実績のない方にはなかなか銀行は直接お金を貸してくれないでしょう。 銀行以外に資金を融通してくれるところはないのでしょうか。 使える融資制度について知っておきましょう。

銀行以外にもある!融資制度

起業して自分で新たにビジネスを始めようと考えた時に、何よりも必要となるのがお金です。

事務所や店舗を借りたり、設備を揃えたり、求人広告費や人件費もかかります。
自分自身の生活費もなければ生活していけません。
そして、それらのお金は事業が軌道に乗るまで払い続けられる程度のまとまった額が必要となるのです。

どのくらいの金額が必要となるのかは事業の内容や形態、規模などによって異なります。
事務所や店舗を持つのか持たないのか、人を雇うのか自分1人で行うのか、設備として何が必要なのか、などをあらかじめ整理して算出しておきましょう。

起業資金を自分の貯金だけですべて捻出できれば最もリスクが少ないと言えるでしょう。
仮に事業に失敗したとしても自分の貯金を失うだけで済むからです。
しかし、それほど多くのお金は持っていない、という方が大半ではないでしょうか。
必要な金額をこれから貯める、といっても時間がかかってしまいますし、その間に起業のタイミングを逃してしまうかもしれません。

家族や親せき、友人に借りるというのも身近な方法ですが、うまくいかなかった時に関係が壊れてしまいかねません。
事業計画をきちんと伝えて、納得してもらえるよう話し合いが必要です。
書面できちんと残しておくことも重要でしょう。

このサイトでは、起業資金を効率的に集める方法をご紹介しています。
返済が必要なもの、不要なものなどいろいろありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ご自分のプランに合った方法を見極めましょう。

株式と資金を交換!投資家からの出資

個人投資家から出資を受ける、という方法もあります。 インターネットが普及したことで、世界中の投資家とつながるチャンスが増えました。 魅力的なビジネスモデルであれば、そしてそれに賛同してもらうことができれば、世界中の方から出資を受けることが可能となったのです。

入金は後だが返済不要!助成金・補助金

返済が必要な融資に対して、助成金や補助金は原則返済の必要がありません。 しかし、これらは支給されるまでにかなりの期間がかかってしまうので、それまでの間を自己資金などで乗り切る必要があります。 また、採用のハードルが高いものもあることを理解しておきましょう。